2014年04月25日

第121話 道標

3月31日に死去した父の通夜及び葬儀に参列して

下さった皆様方、誠にありがとうございました。


この場をお借りしてお礼申し上げますm(__)m



賑やかな所が好きな父だったので、多くの皆様方

に御参列頂けたこと家族共々感謝しております。




父は重度の糖尿病から、人工透析を10年間程

しておりました。最近では、体のあらゆる所が

弱まってきており31日に突然、合併症による

病気で他界致しました。62歳でした…




若い時から元気が有りすぎるぐらい活発で、暴飲

暴食、喫煙はもちろん自己中のわがまま頑固者。


そして、うちら子供には厳しくイタズラをしたら

竹刀で叩かれる事もよくありましたね(^_^;)




僕自身は幼い頃、そんな父親が大嫌いでした。





スポーツの出来る兄と勉強の出来る妹に挟まれて

何の取り柄もない自分は常に比較されてました。



「何をしてもお前は駄目だ!」と言われ続け…



おまけに、小児喘息やアトピーなど患い体も弱く

落ち着きも無く、交通事故で死にそうになった事

もあったりで迷惑ばかりかけていましたし…(._.)



喘息の発作で苦しんでいた時、看病してくれてた

母親に対し、病気の事は何も分からない父親は

「仮病だから甘やかすな!!」と母を激怒し一度も

父からは病院に連れて貰った記憶がありません。



だから、幼いながらに好きになれなかったです。




僕はいつしか父を反面教師として見ていました。





そんな父が初めて誉めてくれたのは、小学校四年

の時、剣道大会の個人戦で準優勝した時でした。


初めての入賞に父はニヤニヤしながら嬉しそうに

「よく頑張った!」と誉めてくれました。僕は

子供ながらにすごく嬉しかった事を覚えてます。




それから、もっと頑張ればもっと誉めて貰える

駄目だと言われ続けた自分をもっと認めて欲しい

と思い、剣道だけは一心不乱に頑張りました。



そして、幾度となく個人優勝を成し遂げる度に

あまり口には出さなかったのですが、誇らしげに

嬉しそうにしていた父の顔を今でも忘れません。





今思えば、父に認めて貰いたい一心で部活も勉強

も必死で頑張っていたのかもしれませんね…



貶して叱って怒り狂って…そしてたまに誉めて…



気が付けばそれで精神的にも成長出来、さらに

病気にも負けない体力を身に付けていたのかも…



不器用な父らしい教育のやり方だったのかな…






大人になり、嫌いな感情は薄れていきましたが

二人で酒を交わすことも無く、少し距離をおいて

おりました。また家業である農業には無関心で、

僕はそれなりに社会人として働いていました。




それが後継者として家業を継ぐきっかけになった

のは父の糖尿病が悪化し、透析を始めてしばらく

して殆んど仕事が出来なくなっていたからです。



別に父の為に就農したという理由より、小さな

体で一人頑張っていた母の姿が可哀想に見え、

また農場には設備もあるし借金もある…と最初は

そんな理由で何となく継ぐ事を決めてました。





僕が母と二人で農業をするようになって、父親は

殆んど現場に出ず口で指図する日々…。確かに、

指導して貰いたい所はたくさんあったのですが、

命令される事が嫌でイライラする日常…ケンカも

しました。僕は「親父はいない方がいい」と思っ

てました…変なプライドがあったのでしょう(--;)




けれど今考えると、教えて貰いたかった事はまだ

まだ多くあったはずなのに…。父の方も家族一緒

に仕事がやりたかったのだろう…と思いました。




自分達には理解出来なかった透析での体のキツ

さ、精神的な辛さ…もっと父との距離を縮めて

歩み寄れとけば良かったと思いました…




死なんてまだ先の事なんだと思ってましたから…





亡くなる寸前まで普段通りの会話をしてたのに、

突然の事で実感がありませんでしたが4月2日の

葬儀終了後、火葬場にてその身体が無くなった時

ようやく父親がいなくなった事を実感しました。




そしてその瞬間、涙が溢れ何とも言えないほど

辛く切なくなり、また悲しい気持ちなりました…




生前、意地や照れやプライドが邪魔して素直に

語り合え無かった事を大変後悔しました…





父親とは37年間の付き合いでしたが、良い所も

悪い所も全てを今後自分の人生に活かせるよう、

また父の歩んだ道、残してくれたものを道標と

して家族皆で前に進んでいきたいと思います。







親父、


これまで素直に言えなかったけど、親父の存在は

本当に絶大だったと思うよ。親父無しではうちら

家族は存在してなかったから。感謝してます。




俺はこれからもっともっとデカイ人間になるよ。




だから母ちゃんの事、農場の事、家族の事、何も

心配せんで良いからこっちの事は任せて。今まで

長年痛さと戦っていたんだからゆっくり休んで。



そっちではもう、じいちゃんと会えたかな?

仲良く酒でも飲みながら見守ってて下さい。



今まで、本当に本当にありがとうございました。


posted by kouji at 12:35| 鹿児島 ☀| Comment(4) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。