2014年07月13日

第124話 決別の時

今から約15年程前、我が家に産まれた一頭の子牛(名前、しげ子)



この度、高齢の為…手離すことになりました( ノД`)…



しげ子は13頭も子牛を出産し、我々飼い主に大きく貢献してくれました。







15年を人間界の時間に表すと、生まれた赤ちゃんが中学生になりますね…


そんな長い年月、家族同様過ごしてきただけに別れは寂しすぎる…




産んでくれた子牛の1頭は、しげ子の後継者として現在頑張ってます。



以前ブログの第26話と第36話でも紹介した母牛名・福子です。



今後はこの福ちゃんが、しげ子の分まで頑張ってくれるでしょう〜





先日の成牛競りで新たな飼い主を待つしげ子↓








後どれくらい生きれるかは、新しい飼い主さんの考え方次第ですが、


今は感謝しかありません。しげ子さん本当にありがとう!(T-T)





季節は梅雨も明け、暑い夏になりました。



どんなに季節は変わろうとも、今まで当たり前の様にいた牛、家族が


いなくなろうとも、それでもやっぱり明日はやってきます…




辛い事もたくさんありますけど、また牛舎には新たな子牛も誕生するし、


前に前へ進むしかない!!と…しげ子さんとの決別で色々と考えさせられ


ました…(/≧◇≦\)感情移入が難しい農業…頑張ろう〜(~O~;)
posted by kouji at 19:00| 鹿児島 ☀| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。