2013年11月22日

第110話 六次化への方向性

昨日は、鹿屋市産業支援センターの研修として

熊本県で開催された「九州食の展示商談会」へ

見学に行きました。(*^。^*)










一次産業で活躍される方や団体、法人など多くの

オリジナル商品を拝見出来て勉強になりました。



地元の先輩方も展示されており良い刺激に(^o^)

おおすみ名人会のブースです☆↓





六次化による商品開発で、農産物その物の力が

存分に無駄なく発揮出来るということは、大変

素晴らしい取り組みだなと感じます(* ̄∇ ̄*)


しかも、その食材が地域の素材を使用となれば

地域にも大きく貢献し活性化へと繋がります♪





只、六次産業化=商品開発というイメージが定着

しつつあることに少し違和感を感じることも…



私見ですが、元々農業活性化が一番の目的で造語

として六次産業が誕生したと思ってたのですが…



最近では農業や外食産業以外の業界からも参入が

見られる様になりました。農業の生産過程を何も

知らなくても連携による開発でクリアしてしまう

所に利益追求型のビジネス臭がムンムンと…(^_^;



まぁ、結果的に農業活性化に繋がれば何の文句も

無いのですが…。 儲けの前提だと必ず「偽」が

生まれそうで(^_^;) どこかの外食企業のように…




国も地方行政も、認定制度や助成金制度などで

六次産業化を推進しているようですが、現状の所

今はまだ個人農家が商品開発等へと取り組むには

経済的にも書類的にも厳しいかと思いますね…。



今後の農業が衰退せず発展させていく為にも農業

の魅力を伝え続けていく、その手段の一つとして

六次産業が存在し商品開発はまたその中の一つ。



大切な事は個人や団体、法人でも根本的に本質を

理解し、自らのスタイルに合った六次化への取り

組みを目指す事が重要なのかなと感じます。





さてさて、「農〜商〜食」の一貫した取り組み

を目指すたかくまファームも、いよいよ「食」

事業への準備を始めていきます(^∇^)



自分のスタイルを理解し、自分なりのやり方で

六次化達成に向けて頑張りたいと思います(^o^)


posted by kouji at 13:26| 鹿児島 ☀| Comment(3) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
今年も鍵引き祭りには出展されますか?
昨年は新鮮な野菜をたくさん買わせていただいたものですから今年もかいにいきたいのですが。
寿に住んでいるもので、たかくまファームさんのお米が美味しいと有名です。
ぜひお米も買いたいです。
いつも新鮮なお野菜ありがとうございます。
Posted by 主婦 at 2014年01月13日 12:22
主婦さんへ
コメントありがとうございますm(__)m
来月の鉤引き祭りでは軽トラ市をやる予定です。
たかくま米も新鮮野菜も販売しますので是非とも
遊びに来てくださいね\(^_^)/
また、2月は鹿屋市主催の食育ランドも開催され
そこでも出店するので、良かったらそちらも
宜しくお願いします。(*^^*)
Posted by kouji at 2014年01月13日 20:18
お返事ありがとうございます。
楽しみににしております。
Posted by 主婦 at 2014年01月16日 19:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。