2013年01月03日

第81話 2013年・蛇の足より人の足

新年明けましておめでとうございますm(_ _)m


辰から巳へ年が代わり、気持ち的にも新鮮さを

感じますね♪ 今年も皆様にとって幸せな一年と

なります様心からお祈り申し上げますm(_ _)m


さて 今年(巳年)のテーマは、ずばり"変革"です


これまでの取り組みを今一度整理整頓し、無駄

の無い行動で有意義な年にしたいと思います。


現在では本業である畜産を主に、軽トラ市など

の販売業、また六次産業推進活動を同時に取り

組むに際し限られた時間での対応が重要です。


そこで、日々の仕事でのバランスをよく把握し

しっかりと優先順位を考え、仕分け作業により

目標に近づける様スピードUPを心掛けます!


巳年だけに「蛇の足より人の足見よ」…かな。

ようするに、無益な事などに時間を費やすより

ポイントを絞って内容の濃い取り組みを優先に

今年一年 ニョロ〜っと動きたいと思います^^;



さて、新年を迎えこの国も新政権となり新たな

国政が期待されます。今一度、無益だと思われ

る議論は一先ず置いといて、優先的な事から

政策を素早く実行して頂きたいです…m(_ _)m



ところで、相変わらずの休み無しは年末年始も

基本同じです…(⌒-⌒; )しかしまぁ…それでも

それなりに充実した年越しになりました★彡

image-20130103212322.png


今年も当ブログLife-Storyにお付き合い下さい♪

宜しくお願いします☆\(^_^=^_^)/ ☆






posted by kouji at 21:24| 鹿児島 ☀| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月31日

第80話 2012年・総評

年男として迎えた辰年もいよいよ末を迎え、

振り返ってみると、あっと言う間…(⌒-⌒; )

「光陰矢の如し」とはよく言ったものです。


自分にとってこの一年とは、多くの出会いや

再会、また仕事面でも数々の気づきを頂きまし

た。そして学習&反省の繰り返しを経験出来た

充実した一年となりました☆m(_ _)m感謝☆



世論では今年を代表とする漢字が「金」に!

まさしくオリンピックyear☆中でも女子の活躍

は素晴らしかったと思いますm(_ _)m感動☆


他にもips細胞や政権交代…ワイルドだろぉ~な

一年(ノ∀`●) 来年も東北の復旧復興をはじめ、

明るく活気のある1年になればと願います☆彡



当ブログにおかれましても、多くの方にご閲覧

頂きましてありがとうございましたm(_ _)m


中々更新出来ずまた、文章下手で読み辛い所も

あったかと思いますが、来年も六次産業の魅力

をお届けできる様取り組みをUPしていきたい

と思いますo(^_^)oたまにお暇な時にでも気軽

に覗いてみて下さいね〜(・∀・)



来年も皆様方にとって、素晴らしい一年となり

ます様に☆彡それでは、良いお年を〜m(_ _)m




posted by kouji at 09:16| 鹿児島 ☁| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月24日

第79話 幸福論

最近では「寒過ぎる〜(´Д` )」って声が出るほど

クリスマス寒波が骨身にしみますね (╯•﹏•╰)


今年も後わずか!政権も代わろうとしてます。

来年からの日本、新政権には思いやりに満ちた

温もりのある社会へと舵取りを期待致します。


さて、温もりといったら本日午後に予定日を

過ぎていた母牛が出産したホットな出来事が♪

image-20121225214431.png

母牛名:シゲ子は平成11年生まれの13歳です。

人間で言うと…50歳ぐらい?かな(・_・;熟女…

image-20121225214459.png

11頭もの子牛を出産させたベテラン母牛なの

ですが10日ぐらい前に寒さで体調を崩し最悪

死産も覚悟をしておりました。ところが何事も

無かった様に自力で無事出産しました☆しか

も、自分達が目を離した隙に^^;加勢いらず…


おそらく我々に心配かけないように、気を利か

せてくれたのかな?シゲ子さん!(・∀・)イイネ!!


何年も飼ってると本気で、意思の疎通が出来る

んじゃないかと…たまに感じてしまいます(^.^)


シゲ子さん!ベテランらしく今回も元気な子牛

(オス)を産んでくれて有難う!感謝ですm(__)m

image-20121226184058.png


しかし、時に考える事があります(ー ー;)日々の

業務で家畜に愛情を込め過ぎる事で経済動物と

しての判断を間違えてしまうんじゃないかと…


高齢になるまで体力の消耗が大きい出産を繰り

返すか、ある程度の若さを保ったまま屠殺処分

するか(若い方が売却価格が良い為)…です(ーー;)


家畜に愛情を込めるほど前者の農家さんが多い

のかな…どうしても屠殺=不幸だと感じてしま

われます。そもそも経済動物として誕生した時

点で、早かれ遅かれ屠殺の判断を決めなければ

ならないわけですから、過剰な感情移入は時に

判断を誤りかねます。そして、これは人間の考

え。家畜からしてみれば…などと考えます(ーー;)


自らの生きる道さえも選択出来ない家畜の人生

に幸せなんて感じれる事などあるのだろうか…


なんて(^^;考えれば考える程、深くなります。


ただ、高齢母牛の辛そうな出産を見るたびに

「頑張れ!」と投げ掛ける反面「一層の事処分

して楽させてあげた方が幸せなのかな…」とか

考えてしまう事もありますね。複雑です(~_~;)

image-20121225214637.png

けれど、家畜でも作物でも命ある限りは今後も

たっぷりの愛情は注いでいきたいと思います。


農業から食育を学べ道徳へと繋げられるのなら

また食を通じ農業の魅力を感じて貰えるのなら

そして結果とし消費者に何か伝えられるのなら


「誰かの為に」と思いやりを持ってやれる取り

組みが継続する事で「幸せ」を感じれる世の中

に繋がっていくのかなぁと思います。(*´◡`​*)




さて、話しはガラッと変わりますがこちらにも

「誰かの為に、地域の為に」と声を上げ活動

される方々がおられます。高隈町の隣町で、

鹿屋市東原町内会のみなさん方ですo(^_^)o

image-20121225214742.png

image-20121225214819.png

先日は収穫祭が開催され、軽トラ直売もさせて

頂きまして、元気と感動を貰いましたm(_ _)m

image-20121225214851.png

さらに、路上販売にも取り組まれており地元の

農家さん達が生産された、農作物を販売されて

おられます。しかも農家さんからは仲介料も一

切頂かず、そして低価格での販売!良心的♪♪

image-20121225214952.png

image-20121225215105.png

主催者側のお話だと、農家にとってもお客様に

とってもメリットになるのであれば、利益など

いらない。この取り組みが必ず活性化に繋がる

から。今後も続けたい…と。同感致しますね。


我が身の労も顧みず、人の為に動かれる事は

誰でも簡単には出来ません。素晴らしいです!


僕自身、今後とも町内会の皆様方とは連携をし

共に盛り上げられる様頑張りたいと思います☆


それにしても反省ばかりの一年…

ボチボチ振り返りますかぁ…(*´〜`*)











posted by kouji at 21:53| 鹿児島 ☁| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月15日

第78話 ホットな茶業伝道師

日々農業を取り組んでいる場所、高隈山地は

山々に囲まれ素晴らしい環境です。さらにここ

鹿屋市においては農業だけでなく実は漁業も

大変盛んな所なんですよ〜(´◡͐`)


うちの農場から車で西へ〜約20分程走ると…

壮大な海・海・海…(^O^) 鹿屋市高須町 浜田

image-20121215213913.png

image-20121215214050.png

そんな海が見える素敵な地域でお茶業を営む

一人の若手経営者がおります。(*>∀<)旦~┳┳


当ブログ第55話に続き農友会メンバー紹介☆


今回は茶業を営む宮崎 真太郎さんですm(_ _)m

宮崎さんはヤマミ茶業の代表者。僕とは同い歳

という事もあり切磋琢磨な友人の一人です☆

海が見渡せる茶畑と、歴史を感じさせられる

昔ながらの石蔵使用の茶工場です(・∀・)イイネ!!

image-20121215214128.png

image-20121215214227.png

image-20121215214242.png

image-20121215214250.png

宮崎さんは土壌を扱う仕事柄、土作りを強化し

肥料からこだわってます。地域的に海が近いと

いう事もあり魚腸骨等を使用したボカシ肥料を

使用。環境に配慮した無駄の無い農業を目指し

まさに「見えない美学」を極めてますよね☆

宮崎さん曰く…

「お茶の漢字には"ホ"の字が入っているように

誰もがヤマミ茶業のお茶を飲まれた時にホッと

癒されるお茶作りを目指してます。そして一煎

目から三煎目まで変わらぬ美味しさが強み」と


若き経営者からは熱い想いが伝わってきます!


さらになるべく消費税分を値引し、その分は

お気持ち代として頂く良心的な取り組みには、

お茶を通じ本気でお客様へ想いを伝えたいと思

う気持ちの現れだと感じました。脱帽m(_ _)m

今後も彼から刺激を頂き、共に成長出来ればと

思いますo(^_^)oそしてきっと彼はお茶を通じ

さまざまな多角方面で活躍されると思います。


(あまり褒め過ぎると恥ずかしい!って言われ

そうだからこの辺で紹介終了)…(〃≧◡≦〃)



さてさて、ここでお知らせです!

昨年も開催された鹿屋市東原町内会の収穫祭が

明日、12月16日 日曜 10時より開催されます。

場所は東原小学校の近く「東原研修館」です。


昨年は軽トラ市をさせて頂き大変な盛り上がり

でした。(当ブログ 第35話 参照)m(_ _)m


そして、今年も軽トラ農作物直販売やります!

新米、餅米、キャベツ、白菜、椎茸、などなど

さらに、今回紹介した宮崎さんのヤマミ茶業の

お茶も販売します!熱い想いを見に来てね〜♪

image-20121215214307.png


是非!お近くの方は遊びに来て下さいね(^_^)









posted by kouji at 21:44| 鹿児島 🌁| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月30日

第75話 全国和牛能力共進会

五年に一度、和牛のオリンピックとも称される

祭典、全国和牛能力共進会が 10月25日〜29日

長崎県のハウステンボスで開催されました。

image-20121030232222.png

この大会は、全国各地から予選を勝ち抜いた

最高レベルの和牛達が集い常態を競う品評会。


何を持って最高レベルの和牛なのか…?一般の

方々には理解し難い所もあると思いますが、

人間界でもよくある何とかコンテスト?…

みたいなイメージだと思います。 (⌒-⌒; )


今大会、「和牛維新!地域で伸ばそう生産力。

築こう豊かな食文化」をスローガンとして、

基本的には「和牛の能力と斉一性の向上を目指

して五年に1度開催される全国規模の共進会。

和牛生産、改良上の目標をテーマとして掲げ、

生産者・関係者が一丸となって努めながら地域

の風土に適応した“これからの和牛像”を作る。

さらに日本の食文化を支える和牛の魅力を多く

の消費者に伝えていきたい」が狙いの様です。

image-20121030232421.png

image-20121030232516.png

今回の地元九州開催、そして五年に一度と滅多

にない機会に、お世話になってる方からお誘い

頂き勉強がてら見学に行かせて貰いました。


会場では和牛の歴史を学べる博物館や各ブース

で出店など大変な賑わいでした。ヽ(*´^`)ノ

image-20121030232617.png

image-20121030232637.png

image-20121030232724.png

image-20121030232743.png

品評会の方は地元鹿児島勢の応援に駆けつけた

はずだったのですが、会場のサポーターが宮崎

県の方々をはじめ、長崎、大分、佐賀、栃木、

岡山、北海道と活気のある応援団が目立つ反面

畜産大国鹿児島のおとなしいサポーターに少し

ガッカリでした(´・_・`) 故に結果も前回総合一位

だった宮崎県が連覇。奪還に燃えてたはずの

鹿児島勢は今大会も二位という結果…残念(-。-;


それでも鹿児島勢の牛は素晴らしかったです。


しかし、宮崎牛はそれ以上に!!(;゜0゜)

image-20121030232853.png

image-20121030232920.png

そもそも宮崎県は二年前、口蹄疫の被害で経済

的にも精神的にも大打撃を受けた県でした。


七万頭程も殺処分し、涙を流した悪夢のような

出来事から立ち上がった復活劇に感動…(T . T)


会場のサポーターや飼主さん、そして牛からは

何か一つになる力を感じました!!(^∇^)


特にこの言葉「復興・前進・感謝」からは一致

団結を感じ勇気を貰いました。素晴らしい!!

image-20121030232956.png

チャンピオンになった牛を見てるとその目から

は堂々とした自信や、誇らしさを感じました。


「殺処分した命達の為に!宮崎は終わらない!

立ち上がり諦めないんだ!」という強い想い。


ちなみに我が家の牛達はいつも物欲しそうな

うるうる目をしてます (^^;; 何か恥ずかしい…


宮崎牛の目からは大会の意義を理解している様

に見え、想いが伝わってくる感じがしました。


そして極め付け涙が出そうになったのは、原発

被害で廃業農家が増え続ける中で、福島県代表

の牛が登場した時です(T ^ T)まだまだ復興への

道は険しいと思いますが諦めず頑張って欲しい

と心底思いました。そして勇気を貰いました。


和牛の全共を通じ、色んな事を学び感じた大会

を見学出来て、良い経験になりましたm(_ _)m


ま〜…我が農場の牛達を出品出来る事は、まず

無いとは思いますが(^_^;)今後、これまでとは

違う感覚で仕事に取り組めそうです!感謝☆


また、五年後の全共ですが、次の大会開催地は

東北、宮城県だそうです。復興!宮崎に続け〜




posted by kouji at 23:35| 鹿児島 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。